【オンライン開催】
最新デジタル活用で、聴覚障がい者や高齢者も
コミュニケーションがとりやすい世の中へ!
  • 開催日時:2022年5月25日(水) 16:00〜17:00
 

セミナー概要

Seminar Overview

<<< 障がい者及び外国人向けの窓口対応円滑化の方法と様々な対応事例のご紹介 >>>

昨今、SDGsの重要性が叫ばれる環境下において自治体の対応も多様性を有した住民の方々を誰一人取り残さない運用が必要になり、日々ご苦労されていることと存じます。
本セミナーでは、様々なシチュエーションに対応する事例をもとに、以下のような方々に有益な情報をお届けします。

 “窓口対応で障がい者の方々や高齢者の方々とのコミュニケーションに苦慮している方” 
 “議会や会議などで、耳の不自由な方とのコミュニケーションをはかりたい方”
 “講演会などで要約筆記等の対応を行うことを考えている方または既に対応されている方”
 “外国人の方々が窓口に来られた時、言語の違いにより用語の説明等に苦慮している方”
 “コミュニケーション用の翻訳ツールなどを導入したがうまく活用できていない方” 
  
当社が提供している“音声筆談・手話通訳及び外国語通訳サービス” KOTOBALと、株式会社ジャパンディスプレイがつくば市様で実証実験を行っている“窓口会話見える化ディスプレイ” See-Through Captionsをご紹介いたします。あわせて、本セミナーが少しでも皆さまのお役に立てれば幸甚でございます。

こんな方におすすめ

Target

  • 耳の不自由な方とのコミュニケーションに課題を抱えている方
  • 外国人とのコミュニケーションに課題を抱えている方
  • 窓口対応(コミュニケーション)を円滑化したい方

プログラム概要

Program

Session116:00-16:30

誰一人取り残さないコミュニケーションを実現する「遠隔手話通訳・音声筆談・多言語通訳 KOTOBAL」とプリペイド式の新サービスプランのご紹介

・音声筆談、手話通訳及び外国語通訳サービス KOTOBALのご紹介
・KOTOBALを活用した対応事例のご紹介

Session216:30-16:50

未来の窓口対応
~つくば市様における透明ディスプレイ実証実験ご紹介~

・見える化パネル See-Through Captionsのご紹介

Q&A16:50-17:00


皆様からのご質問にお答えします。

講師プロフィール

Profile

【Session1】
コニカミノルタ株式会社 BIC Japan
インキュベーションリード

小笠原 堂裕

遠隔手話通訳・音声筆談・多言語通訳サービス KOTOBALのプロジェクトリーダー
数多くの自治体への多言語通訳サービス導入の支援実績をもつ。
・「グローバルコミュニケーションシンポジウム2020」パネリスト登壇
・「地方公共団体の多言語翻訳システム導入に向けたガイドライン策定」調査事業責任者

【Session2】
株式会社ジャパンディスプレイ
InfiniTech事業部 LCD応用技術部 LCD応用技術2課

渡木 武

コミュニケーションの常識を変える透明ディスプレイ(Rælclear)の市場創出を推進
・JDIに入社以来一貫して、液晶ディスプレイ製品の商品企画に携わる。
・21年7月以降、透明ディスプレイの事業化の活動を本格化、これを用いた字幕表示装置を自治体/難聴者団体/企業などで、多数の試験設置。量産化を目指す。

※講演者ならびに講演テーマ、講演時間は変更となる可能性がございます。
※本セミナーはウェビナーです。ご覧になる機器のスペック、ネットワーク速度等によって遅延/停止が発生する場合がございます。予めご了承ください。

セミナー詳細

Seminar Detail

日時 2022年5月25日(水)16:00-17:00
※5月24日(火)12:00にお申込みを締め切らせていただきます。
開催方法 Zoom(スマートフォンからもご視聴いただけます)
参加方法 お申込み後、後日メールにてご案内いたします。
(参加用URLはセミナー前日までにメールにてご案内いたします)
参加費 無料(定員 30名)
主催 コニカミノルタジャパン株式会社
お問い合わせ コニカミノルタジャパン株式会社 公共文教セミナー事務局
E-mail:kotobal_info@konicaminolta.com