誰でもできるアクセス解析のポイント

誰でもできるアクセス解析のポイントの資料

Webサイトを活用して、商品購入やお申し込み、資料ダウンロードなどの成果をあげるために、日々、コンテンツの拡充や改善、デジタル広告の施策を実施されていることと思います。その際、「アクセス解析」をすることで、Webサイトの実態や施策の効果を把握することは欠かせない工程になると思います。

アクセス解析は、Webサイトのアクセスデータを集計し、アクセス量やユーザーの属性、行動の傾向を分析するための有効な手段の1つです。

企業のWeb担当者であれば、何かしらの形でサイトのアクセスデータを確認する機会があると思います。しかし、担当者の経験が短い場合、どのデータを見るべきか、そのデータの数値からどういう事が読み取れるのか…など、いまいち理解ができていないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

組織の中でアクセス解析レポートを共有されても、そのまま流し見するだけで終えていないでしょうか。

今回、Webサイトのアクセスデータの見るべきポイントが分からない担当者向けに、サイト担当者が確認ポイントやデータの善し悪しを判断する基準について、解説します。

弊社でも日々、アナリストがお客様のサイトのデータを分析したり、自社の事業部門でマーケティング施策の効果を測る際に、アクセス解析を実施していますので、その経験もふまえ、アクセス解析のノウハウをご紹介したいと思います。

Web担当者に新たに着任された方、業務上、アクセスデータをチェックする必要があるけれど、いまいちポイントが掴めていない方、ぜひ本資料を参考に、自社サイトの分析に役立てていただければ幸いです。

 

本資料でご紹介している内容
  • アクセス解析とは
  • アクセス解析の流れ
  • データを見る(トレンド把握、流入傾向の確認、コンバージョンの確認など)
  • 考察する(データの善し悪しの判断、深堀調査など)

 

関連ソリューションのご案内

アクセス解析サポート

Google Analyticsの設計・設定・運用支援

データ分析サービス・データ活用支援

 

※お客さまの環境によってはダウンロードができない場合がございます。
その際はお手数ですが、下記あて先までご連絡くださいませ。
dm_mktg@gcp.konicaminolta.com