データマーケティング推進に必要な10のポイント

デジタルトランスフォーメーション(DX)化が加速度的に浸透する中において、多くの企業にて本格化に向けたプロジェクトが立ち上がり、推進されています。但し、推進担当者の中には、「何から手をつけるべきか」や「手段と目的が混同しないようにしたいが、どうすれば本質的な活動が出来るか」といった悩みも少なくないところです。

このような特に立ち上げ段階のお客様の声を受けて、データマーケティングに本格的にチャレンジしたい方に向けて、推進に必要なポイントをチェックシート形式にしてまとめました。

取り組みにあたって整備すべき10のポイントを、「顧客理解」「自社理解」「推進体制」のカテゴリに分けて挙げています。

 

<チェックシートの構成>

・顧客理解

・ターゲティング【チェックポイント1】

・顧客接点データ保管【チェックポイント2】

・自社理解

・部門間連携【チェックポイント3・4】

・社内システム【チェックポイント5・6】

・推進体制

・意識醸成【チェックポイント7・8】

・リソース確保【チェックポイント9・10】

 

推進に必要なポイントが整備されていない場合の対策例も併せて記載していますので、これから取り組む方にもご参考にして頂ける内容となっております。

  • データを活用したマーケティングを推進したいけど、何から始めて良いかわからない。
  • 取り組みは開始したが、どこまで進んでいるのか判断出来ない。
  • データ活用が思うように進んでいない。

これらの課題をお持ちの方は、この資料をダウンロード頂き、まずは自社の現在の状況を是非チェックしてください!

※お客さまの環境によってはダウンロードができない場合がございます。その際はお手数ですが、dm_mktg@gcp.konicaminolta.comまでご連絡くださいませ。