導入事例:ヤマハ株式会社様BtoBマーケティング支援

ヤマハ株式会社様BtoBマーケティング支援
  • 製造業
  • BtoBマーケティング
  • MA運用
  • デジタルマーケティング戦略策定
  • リードナーチャリング
  • 顧客獲得
  • 営業連携

MAツールを活用したリードナーチャリングの仕組み構築で顧客コミュニケーションを強化

35の海外拠点を展開し、世界中の宗教施設を対象に支援を行う「House of Worship Project」でマーケティングオートメーション(MA)ツールのPardotを活用しているヤマハ株式会社さま。
世界におよそ575万施設あるとされる教会からのPA機器やスピーカーに関するご相談にお応えしたり、機材の使い方などについて提案を行ったりしています。

しかし、顧客獲得の営業・マーケティング活動を行うにあたり、より効率的にお客様とつながり個別にアプローチできる仕組みとしてデジタルマーケティングの導入を決定。現地販売子会社の営業効率を向上させるために、本社が自らBtoBマーケティングの仕組み構築に着手しました。

多数のリード顧客へ適切にアプローチする、リードナーチャリングを行うためにPardotをどのように導入、活用したのか、またMA活用などについて、コニカミノルタからどのようなサポートを受けたのか。

プロジェクトの概要から具体的な支援内容、今後の展望までをブランド戦略本部 マーケティング統括部マーケティングプランニンググループの日置様、AP営業統括部 AP戦略グループの吉田様に伺いました。

ご担当者の声

ヤマハ株式会社 日置 様

ヤマハ株式会社
日置 様

デジタルシフトにともない、お客様が販売ディーラーを経由せずオンラインで直接検討・購入するケースが増えてきました。コニカミノルタジャパンのサポートがPardotにとどまらないBtoBマーケティング全般の支援だったことを高く評価しています。
 

ヤマハ株式会社 吉田 様

ヤマハ株式会社
吉田 様

リードごとに検討段階を見極め、それに合わせたコンテンツ発信やコミュニケーションを効率良く行わねば、と悩んでいる中でMAであるPardotの導入を決めました。今回、マーケティングから営業までの一連の流れを可視化し、仕組み化へのスタートを切ることができました。

資料ダウンロード
具体的な内容は、フォームにご入力いただくことでダウンロードできるPDF資料に記載がございます。
ご興味ある方はぜひダウンロードいただきご覧ください。